太陽光発電モジュール250w 太陽光発電モジュール270w 太陽光発電モジュール205w 太陽光発電モジュール200w 175w 125w 20年15年パワフル保証 システム構成機器 発電シミュレーション 東芝太陽光のあゆみ

施工事例

大阪府堺市 I様
東芝
5.76kW
大阪府大阪市 I様
東芝
9.45kW
静岡県掛川市 S様
東芝
9.6kW
兵庫県加古郡 I様
東芝
4.8kW
兵庫県神戸市 O様
東芝
2.88kW
大阪府堺市 U様
東芝
5.76kW
三重県津市 K様
東芝
5.76kW
静岡県伊豆市 N様
東芝
5.76kW
長野県長野市 M様
東芝
5.76kW
千葉県君津市 N様
東芝
4.2kW
群馬県邑楽郡 S様
東芝
3.84kW
群馬県邑楽郡 S様
東芝
4.32kW
千葉県船橋市 I様
東芝
4.2kW
茨城県水戸市 T様
東芝
9.66kW

東芝太陽光発電205wモジュール

205W多結晶スタンダードモデル登場

多結晶スタンダードモデル登場

TML-270N-WHT-J

住宅用太電池モジュールに205W多結晶スタンダードモデルが登場しました!

太陽光発電をもっと日本に広めるために、価格を抑えた多結晶セルを採用しながら、単結晶の当社Vシリーズ(LPV-200E-BLK-J)より高い変換効率を実現しました。

最大モジュール変換効率15.8%を実現した高効率な多結晶セル

3本バスバー電極の採用により、電極間の送電距離を短くすることで、電気抵抗を抑えて高出力を可能にしました。

3本バスバー電極の採用

反射による光の損失を抑える「ARコート」を採用

反射による光の損失を抑えるため、ガラス表面にARコート(反射低減コート)を採用。 しっかりと太陽の光を取り込むことで、発電効率を増大させています。

軽量化により屋根にかかる負担を軽減

当社Vシリーズ(LPV-200E-BLK-J)に比べて、モジュール1枚あたり約0.9kgの軽量化を図りました。たとえば、約5kWシステムを設置した場合、全体では約22.5kg軽量化となり、屋根にかかる負担を軽減します。

幅広い用途に使用可能

最大システム電圧が1000Vと高いので、住宅用だけでなく産業用としてもご使用いただけます。